FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛みの処置 ぎっくり腰

今回は急性腰痛の処置についてです。

急性痛の中で、多くの方が悩まれるのが腰痛と寝違い。
今回は急性の腰痛の処置について簡単に説明します。

「屈んだ瞬間に激痛で動けなくなった」「徐々に痛みが増してきて腰を伸ばせなくなった」など、急性腰痛(ギックリ腰)は身動きをとるのも一苦労する激しい痛みを感じます。

痛みで動くのが辛く感じたら先ずは安静です。

ゆっくりと横になります。横になる時も腕の力を使い身体を支え、しっかりとお腹に力を入れて動きます。
身体が沈むと腰に負担がかかりますので、横になるのはあまり柔らかくない場所にします。

ズキズキと痛む場所がある場合はゆっくりうつ伏せになり、痛む場所を氷や冷却材などで約15分ほど冷やします。
その後一時間くらい様子を見て、痛みが弱まらない場合は再度約15分ほど冷やします。
これを繰り返します。

あまり柔らかくない場所に横になれたら、寝方を工夫します。

仰向けの場合は、膝の下にクッション(枕や座布団など)を置き腰への負担を軽くします。
横向きの場合は、背中を丸め両膝を曲げその間にクッションを挟み腰への負担を軽くします。
どちらでも楽な寝方を選びます。うつ伏せが楽ならばそれで構いません。

立ち上がり動く場合は、コルセットやサラシを腰に巻きます。

この場合、ウエスト部分ではなく骨盤周りをを固定するようにガッチリときつく巻きます。
動いた後、ズキズキする痛みが出た場合は再度痛む部分を冷却します。
腰に負担がかからないよう、コルセットやサラシをしていてもなるべく動かさずに済むよう心がけます。

このように急性腰痛になったら、何はともあれ腰に負担がかからないようにするのが一番です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノイエ クラフト

Author:ノイエ クラフト
神奈川県相模原市緑区橋本にある

カイロプラクティックオフィス 整体院 ノイエ・クラフト

の院長です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。